登録内容の閲覧

溝口秀勝

天文17年(1548年)〔生〕−慶長15年9月28日(1610年11月13日)〔没〕

天文17年(1548年)、溝口勝政の長男として尾張国中島郡西溝口村(現愛知県稲沢市西溝口町)に生まれた。丹羽長秀に仕え、天正9年(1581年)に織田信長からその才能を見出され、直臣として若狭国大飯郡高浜城(現福井県大飯郡高浜町)5,000石を与えられた。
天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦い後、越前国北ノ庄城に入封した丹羽長秀の与力として、加賀国江沼郡大聖寺城(現石川県加賀市大聖寺町)4万4,000石を与えられた。
天正13年(1585年)4月、長秀が死去後、北ノ庄城に入封した堀秀政の与力として引き続き配属された。
慶長3年(1598年)、上杉景勝の会津転封の際、代わって越後に入封した堀秀政の与力として越後国蒲原郡新発田城(現新潟県新発田市)6万石を与えられた。
慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは東軍に与し、越後において上杉景勝が煽動する上杉遺民一揆の鎮圧に努め、徳川家康から所領を安堵され、新発田藩初代藩主となる。