登録内容の閲覧

【日本酒の区分用語】

【特定名称】 ※国税庁による分類 詳細

●吟醸酒
〔使用原材料〕米・米こうじ・醸造アルコール
〔精米歩合〕 60%以下
〔特色〕低温でじっくりと醸造した酒。吟醸香と呼ばれる繊細でフルーティーな香りと端麗な酒質が特徴である。温めると香りと味のバランスが崩れることがあり、燗酒にしないことが多い。

●大吟醸酒
〔使用原材料〕米・米こうじ・醸造アルコール
〔精米歩合〕 50%以下
〔特色〕吟醸酒とくらべより一層華やかな香りが立ち、さらりと澄んだ酒質が楽しめます。大吟醸酒は最高の酒米を極限まで磨き、蔵人の力を結集して醸した日本酒の最高峰といえる。

●純米酒
〔使用原材料〕米・米こうじ
〔精米歩合〕
〔特色〕日本古来の酒。濃厚な味のタイプが多い。原料米の精白度の高低によって味に違いが出る。固有の香味と色沢が良好なものです。

●純米吟醸酒
〔使用原材料〕米・米こうじ
〔精米歩合〕 60%以下
〔特色〕吟醸酒に比べて穏やかな(控えめな)香りや味となる。

●純米大吟醸酒
〔使用原材料〕米・米こうじ
〔精米歩合〕 50%以下
〔特色〕大吟醸酒に比べて穏やかな香りで味わい深い。

●本醸造酒
〔使用原材料〕米・米こうじ・醸造アルコール
〔精米歩合〕 70%以下
〔特色〕純米酒に近い香りと風味を持ち、しかも純米よりも淡麗でまろやかな日本酒です。米をさらに磨いているため、スッキリと雑味のない味わいになります。全般的に味のバランスがよく初心者にも飲みやすいのが魅力といえる。

●『特別・・・』
〔特色〕純米酒と本醸造酒のうち、香味や色沢(色つや)が特によく、精米割合が60%以下で醸造用玄米の使用割合が50%以上であるなど、原料や製造方法について客観的に優れているといえるもの。


---以上 特定名称---


●普通酒
〔特色〕吟醸酒・純米酒・本醸造酒など特定名称の酒として区分されない日本酒です。かつて日本酒に級別があった時代の「一級酒」「二級酒」にあたるレギュラークラスの酒として長年親しまれてきました。製造各社によって「上撰」「佳撰」などに区分されている。価格も比較的手頃で、家庭の食卓や行楽などでの普段使いの日常の酒としての飲用に好適、燗に適した中庸で味わいのある酒質が多い。

●発泡日本酒(スパークリング日本酒)
〔特色〕炭酸ガスが入った日本酒で、アルコール度数が低く、甘口のものが多い。製法によって「瓶内二次発酵方式」と「炭酸ガス注入方式」がある。女性や日本酒初心者の方でも飲みやすい日本酒として人気を博している。

●原酒
〔特色〕搾った日本酒を水で割らない。搾った直後のお酒は、アルコール度数が20度くらいあります。通常、これに水を加え飲みやすいアルコール度数である15度前後に調整する。

●生酒
〔特色〕搾ったお酒を火入れ(加熱処理・加熱殺菌)していない、生のままの酒。通常、瓶詰めまで通常2回行う火入れだが、火入れをどこで行うかによって、名前が異なる。搾ってから火入れ(1回)をして、貯蔵、瓶詰を行うものが「生詰め」、搾って貯蔵をしてから、火入れ(1回)をして瓶詰めしたものが、「生貯蔵酒」。